« 2007年7月 | トップページ | 2008年2月 »

2007/08/16

猛暑日

[watermelon]お盆というより仕事の打ち合わせなどのために帰省しているのだが、当地でもこのところ連日、最高気温が35℃を超える「猛暑日」がつづいている。母によれば「こんなに暑いのは初めて。去年まではいくら暑くても32〜33℃くらいまでで、それもひと夏に数回だった」とのこと。熱帯夜もほとんどなかったのに、今夏は夜になってもなかなか気温が下がらない。

こうなると、そろそろ収穫時季が近づくはずのリンゴ「つがる」もさっぱり色づいてこない(昼夜の温度差が大きくなってこそ成熟も進む)。均等に色づかせるために行なう「葉摘み」作業も、この暑さでは果実に日焼けを起こすし、だいいち作業自体困難だ。たまに色が付いた果実は鳥に喰われたりして、「もう今年は(つがるは)あきらめて放ってある」と言う。どうも早生のリンゴには向かない気候になりつつあるようだ。数十年先には、この辺もリンゴでなくミカンの産地になるという予測もあるとか。

ほんとうに、このまま気候の変化が進んだらどうなってしまうのだろう?

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2007年7月 | トップページ | 2008年2月 »