« 加藤直之 原画展 | トップページ | 期限切れ »

2007/04/30

日本語字幕

[phone call]国内でも公開が始まった映画『バベル』には、日本語のセリフ部分にも字幕が付けられた。全編字幕付きで上映されることになった経緯については何度か報道されてきたが、聴覚障碍者を中心とした署名活動の嬉しい成果だ。

これまで、記事でも触れられている『ラストサムライ』や、少し古い映画だが『ブラック・レイン』などでは、DVDでも日本語の会話に字幕が付かず、十分に楽しむ事ができなかった(そこだけ英語字幕に切り替えたりして観たけれど、日本語のようにはすらすら読めないし)。他にも中国映画『鬼が来た!』を借りたときは、やはり日本兵のセリフには全く字幕がなく、仕方ないから一度テキストに起こしたものをプリントして短冊状に切った手作り「字幕」を用意して、ディスプレイの傍でめくりながら観た。

最近のものでは、話題の『硫黄島からの手紙』や『太陽』のDVDにも、残念ながら日本語部分に字幕はないそうだ。また、邦画でもDVDには日本語字幕が付くものが増えてきているものの、まだまだ全体から見ればその割合は多いとは言えない。たしかにコストはかかるかもしれないが、字幕にスポンサーを募るなど、実現する手立てはあるのじゃないだろうか。

この『バベル』の例をきっかけに、これから、より多くの映画にちゃんとした字幕が付くようになると良いなあ。

|

« 加藤直之 原画展 | トップページ | 期限切れ »

コメント

その『バベル』ですが、まだ映画館には行っていません。
以前カンタス機内で観ましたが(英語字幕)、またDVDを待つことになるかも。
したがってどんな字幕になっているのか分かりませんが、
ただ字幕が付けば良いというものでもなく、次のような意見もあります。
http://tawagt.cocolog-nifty.com/log/2007/04/post_4d6f.html
なるほど。

もっともそれを言うなら、外国語部分の日本語字幕でも同じことですね。
ろう者・聴者を問わず、字幕が鑑賞の手助けになるか、
場合によっては妨げになるか、なかなか難しい問題もありそうです。

投稿: rinsho | 2007/05/05 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10582/14893295

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語字幕:

« 加藤直之 原画展 | トップページ | 期限切れ »