« 2007年1月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/30

日本語字幕

[phone call]国内でも公開が始まった映画『バベル』には、日本語のセリフ部分にも字幕が付けられた。全編字幕付きで上映されることになった経緯については何度か報道されてきたが、聴覚障碍者を中心とした署名活動の嬉しい成果だ。

これまで、記事でも触れられている『ラストサムライ』や、少し古い映画だが『ブラック・レイン』などでは、DVDでも日本語の会話に字幕が付かず、十分に楽しむ事ができなかった(そこだけ英語字幕に切り替えたりして観たけれど、日本語のようにはすらすら読めないし)。他にも中国映画『鬼が来た!』を借りたときは、やはり日本兵のセリフには全く字幕がなく、仕方ないから一度テキストに起こしたものをプリントして短冊状に切った手作り「字幕」を用意して、ディスプレイの傍でめくりながら観た。

最近のものでは、話題の『硫黄島からの手紙』や『太陽』のDVDにも、残念ながら日本語部分に字幕はないそうだ。また、邦画でもDVDには日本語字幕が付くものが増えてきているものの、まだまだ全体から見ればその割合は多いとは言えない。たしかにコストはかかるかもしれないが、字幕にスポンサーを募るなど、実現する手立てはあるのじゃないだろうか。

この『バベル』の例をきっかけに、これから、より多くの映画にちゃんとした字幕が付くようになると良いなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/04/28

加藤直之 原画展

[会場風景]SFやファンタジーの挿画などで有名な加藤直之さんの原画展が、神保町の三省堂本店で開かれているので観に行ってきた。
今回が初めての「個展」だそうだ。意外な気もしたけれど、待望の作品展といえるだろう。しかも原画を並べるだけでなく、その場にMacを置いて制作もしているという、普通ではなかなか見ることのできない貴重な空間になっている。
さらに昨夕は寺田克也さんをゲストに迎えてのトークショーもあり、これまたふだん聞けないような興味深い話がつぎつぎと飛び出して楽しかった(自転車の話が多かったが)。

続きを読む "加藤直之 原画展"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年5月 »