« 8…… | トップページ | とまれ »

2006/05/14

手話パフォーマンス

演劇企画 AZ のプロデュースによる「第10回 おたのしみ演芸館」を観に行った。プログラムは,手話落語,芝居,手話漫才,JAZZパフォーマンス。いずれも生で観るのは初めてだった。

大喰亭満腹(笑草会・飯田勝巳さん)の『まんじゅうこわい』は,手話をあまり知らなくても楽しめる。日常会話で伝聞内容を伝えるとき,その話者を演じるようなかたちで表現することも多い手話は,もともと落語とも相性が良いような気がする。

AZ(アズ)の滑稽と哀愁の交錯する芝居『こんないい商売はない』や,緒方れん&モンキー高野がパワフルに演じる漫才『GW』でも,まだまだ分からない手話の方が多いものの面白さは十分に伝わってきた。手話が分かればもっと楽しいだろうな。

そして,庄崎隆志さん(オフィス風の器)によるパフォーマンスはとくに素晴しかった。演目は『手の詩・賢治の詩』。谷 源昌さんのウッドベースを背景に手と身体で語られる宮沢賢治の世界。ゆったりした手話表現なので,私でも読み取りやすい。庄崎さんの手の動きに連れて,照明を落とした舞台にイーハトーブの「林や野はらや鉄道線路やら…虹や月あかり」が見えるようだ。
庄崎さんはデフ・パペットシアター・ひとみに所属していたというだけあって,現在のパフォーマンスでも自身の手を人形のように操っている。その柔らかく滑らかで美しい動きに魅了された。あんなふうに話せたらどんなに良いだろう。

彼のサイトに手話で朗読する「雨ニモマケズ」の一部が載っている。練習してみようかな。

|

« 8…… | トップページ | とまれ »

コメント

私も観に行きましたが、正直、読み取れたのは半分以下でした。。。
それでも、笑えたり、楽しかった~って思えたのは、表情や動作の表現を見てイメージしやすかったんだと思います。
特に、庄崎さんのパフォーマンスはすばらしい!って思いました。
最初は不気味で、なんとなく怖いなーって思っていましたが、
あっという間に、引き込まれてました。
手話がすべて分かれば、もっともっと楽しめたかな~って思うと、なんだか残念です。これで、また手話の勉強に拍車がかかるかな。

次回の公演、今から楽しみにしてるんですよーー。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

投稿: ゆい | 2006/05/14 12:35

へぇ〜面白そうですね♪

私もイベントとか行ってみたいと思いますが、
なかなか実行にはうつせません(^_^;)

今度機会があったら、行ってみたいです☆

投稿: くぅーちゃん | 2006/05/14 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10582/10055351

この記事へのトラックバック一覧です: 手話パフォーマンス:

« 8…… | トップページ | とまれ »