« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/30

リハビリの日数制限

この4月からリハビリテーションの保険医療が最大180日で打ち切られることになったという。友人の日記経由で,これに反対する署名活動が展開されていることも知った。

今年4月から疾患別にリハビリの日数制限が設けられ、最大180日でリハビリ医療が打ち切られることになりました。
あなた自身、ご家族、お友達が骨折や脳卒中になったとき、リハビリが必要であっても、日数だけで機械的に打ち切られるという、とても理不尽な制度です。
NHKスペシャル『脳梗塞からの再生』で紹介された多田富雄さんを筆頭に、私達呼びかけ人一同はこの制度に反対し、日数制限撤廃を厚生労働省に対して要望します。(NHKテレビ『つながるテレビ@ヒューマン』でもキャンペーンを実施しています。)
どうか署名運動に御協力下さい。
リハビリ診療報酬改定を考える会 呼びかけ人一同

新聞記事などで断片的にしか理解していなかったのだが,あらためて資料を読んでみると,この診療報酬改定は「改悪」だろう,やはり。
これまで「長期にわたって効果が明らかでないリハ医療が行われている場合」があったにせよ,リハビリがどれだけ必要かは(除外規定以外の疾患であっても)個々のケースで異なるのは当然だろうに,一律に日数制限をするというのはあまりに乱暴なやり方だ。

NPO法人 リハビリテーション医療推進機構 CRASEED 代表のブログ(下記)にも経緯や署名活動について詳しく説明されているので読んでみてほしい。

CRASEED Rehablog <Dr. Domen's Blog for Medical Rehab>

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/05/27

とまれ

[stopmark]路地から広い道に出る場所や横断歩道手前などの路面に描かれている「とまれ」マーク。普段あまり気に留めもしなかったけど,そういえばいろいろな形があるね。
私の住む区内では逆三角形(▽)に自転車の絵を重ねたものだが,隣の区に入ると足跡の形だったりする。こちらのほうがよく見られるタイプかも。

そんな「足型」ばかり全国から集めたサイトを見つけた。

路上足型研究所
日本中の路上に描かれた、「ここでとまれ」の足型ストップマーク。
誰もが毎日目にしているのに、誰も足などのせたことがない。
一体これらは役に立つのか、立たぬのか。
当研究所は全国の足型資料を収集し、日本の路上足型文化を研究する
唯一の研究機関である。たぶん。

有名な“トマソン”の研究などから多方面にフィールドを拡げた「路上観察学」の一分野と言えるだろうけれど,着眼点がユニークだな。レポートの文章も楽しいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/14

手話パフォーマンス

演劇企画 AZ のプロデュースによる「第10回 おたのしみ演芸館」を観に行った。プログラムは,手話落語,芝居,手話漫才,JAZZパフォーマンス。いずれも生で観るのは初めてだった。

大喰亭満腹(笑草会・飯田勝巳さん)の『まんじゅうこわい』は,手話をあまり知らなくても楽しめる。日常会話で伝聞内容を伝えるとき,その話者を演じるようなかたちで表現することも多い手話は,もともと落語とも相性が良いような気がする。

AZ(アズ)の滑稽と哀愁の交錯する芝居『こんないい商売はない』や,緒方れん&モンキー高野がパワフルに演じる漫才『GW』でも,まだまだ分からない手話の方が多いものの面白さは十分に伝わってきた。手話が分かればもっと楽しいだろうな。

そして,庄崎隆志さん(オフィス風の器)によるパフォーマンスはとくに素晴しかった。演目は『手の詩・賢治の詩』。谷 源昌さんのウッドベースを背景に手と身体で語られる宮沢賢治の世界。ゆったりした手話表現なので,私でも読み取りやすい。庄崎さんの手の動きに連れて,照明を落とした舞台にイーハトーブの「林や野はらや鉄道線路やら…虹や月あかり」が見えるようだ。
庄崎さんはデフ・パペットシアター・ひとみに所属していたというだけあって,現在のパフォーマンスでも自身の手を人形のように操っている。その柔らかく滑らかで美しい動きに魅了された。あんなふうに話せたらどんなに良いだろう。

彼のサイトに手話で朗読する「雨ニモマケズ」の一部が載っている。練習してみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/06

8……

[厄除八幡]手話では5を超える数も片手で表すことができる(参考画像)。日本の手話の場合,伸ばした親指で「5」を表し,それに人差し指を加えて「6」,さらに中指も伸ばせば「7」になる。これは算盤の数の置き方に似ている。
すると「8」は,小指だけを曲げて残りの指を伸ばす形になるわけだが,これが案外(とっさには)うまく出来ない,苦手だという人もいると思う。

続きを読む "8……"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »