« タテタカコ | トップページ | 水無月 »

2005/05/29

Paloma Cafe

[Paloma Cafe]昼間、ロイさんに「ベトナムにも手話はあるのか?」と聞いてみたら、「まだベトナムの手話というものはない。日本のテレビドラマや、いくつかの番組などで手話が出てくるのを見たことはあるから、手話がどういうものかは知っているけれど」との答だった。
そんな話をカフェの中でしたら、Kが次のような逸話を話してくれた。日本に留学していたミャンマーの人が、日本の手話を覚えて帰って、自国にも手話を作りたいと言った話。また日本の聴覚障碍者の団体がインドネシアに旅行したとき、予定していた手話通訳者が急病で同行できなくなり、不安を抱えながらも出発したら、現地で会った地元の人が(何故だか)日本の手話を知っていて案内を務めてくれたという話。なんだかとても感動して、目頭が熱くなってしまったよ。
けっこう騒がしい店内でも、手話でなら便利に会話ができる。今はまだ下手くそで語彙も少ないから不自由だけれど、もっと手話を学んで上手くなりたいと思った。
ピアノとギターの生演奏の合間のBGMでカーペンターズがかかっている。"Yesterday Once More"。それでまた感傷的になったみたい。

2004/03/12 *ホーチミン市ドンコイ通り・パロマカフェにて記す(原文ママ)。「ロイさん」は現地の日本語ガイド(アオザイツアー)。**本当はベトナム手話(VSL)があるそうだ。

|

« タテタカコ | トップページ | 水無月 »

コメント

さて,いまあらためて調べてみたら,ベトナムにも手話はあるそうです。
ロイさんが知らなかっただけなのかも。
>「ベトナム旅行記」
http://www.amitaj.or.jp/%7Etakae/Viet-Nam.html
>「ポケットに感動を!: ベトナム手話・英語。伝えたいと思う気持ち。」
http://smile-power.way-nifty.com/maku/2005/01/post_15.html

投稿: rinsho | 2005/05/29 05:21

mixi の手話コミュニティでのトピックをきっかけに、さらに調べてみた。
北部のハノイ手話、中部のダナン手話、南部のホーチミン手話など、少なくとも3種以上の手話があるらしい。南北に長い国だし、それも当然かな。
"cảm ơn"(ありがとう)のように、ASL と同じ動作をするものもあるみたい。
VSL が動画で見られるサイトがあったのでブックマーク。
Vietnamese Sign Language Dictionary For People With Hearing Impairment
http://vsdic.net/

投稿: rinsho | 2006/04/17 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10582/4319678

この記事へのトラックバック一覧です: Paloma Cafe:

« タテタカコ | トップページ | 水無月 »